【京都ランチ】ちょこちょこ華やかランチが可愛い!路地との本「ちらし寿司セット」

清水寺・祇園エリア

京都でのランチにオススメするのは、舞妓さんの聖地と言われる祇園の路地に隠れ家の様に佇む、寿司と懐石料理が楽しめる「路地との本(ろじとのもと)」でのランチはいかがでしょうか?

「路地との本」と言えば、某有名京料理店出身の料理長と職人さんが、元はお茶屋だった京町家を生かした風情のある空間で、全国各地の旬な素材を使って丁寧に作られた料理でおもてなしをしてくれます。

路地との本


こちらが「路地との本」の入り口です。

祇園の宮川町のメイン通りから1本東に行った、お茶屋などの昔ながらの京町家がそのまま連なる路地にお店を構えられているので、しっかりとお店の名前を見ながら歩かないと、うっかりと見逃してしまいそうでした。

「路地との本」は、2019年6月1日に「路地中ノ(ろじなかの)」から「路地との本(ろじとのもと)」へと屋号を変更されていますが、以前の「路地中ノ」の屋号では知ってる人もいらっしゃるかもしれませんね。

店内の様子


「路地との本」の店内の様子ですが、1階はカウンター席のみとなっており、そのカウンター席ですが、ランチタイムには使わずにディナータイムのみ利用可となっておりました。

今回私はランチタイムに伺いましたので、ランチタイムではカウンター席ではなく2階の席へと案内されます。

2階に上がってすぐある部屋には4人掛けの席が3つありました。

実は奥にも部屋が見えていたのですが、すでに別のお客様が座っていましたので、写真を撮ることが出来ませんでした。

ちらし寿司膳(限定15食)


「路地との本」のランチタイムには2種類のランチメニューがあり、一つ目は「寿司ミニ会席 ¥6,000(税抜)」で、数種類の握り寿司と旬の料理が付きます。

二つ目は「ちらし寿司膳 」で、ちらし寿司と数種類の旬の料理が付き、お値段は¥3,000(税抜)となっております。

 


今回「路地との本」に行きたかった理由は、京都の観光ガイドブックで見つけた「ちらし寿司膳」に一目惚れし、朱色の階段を模した器の上に盛られた旬の食材を少しずつ色々と食べれる事に魅力を感じた事だったんです。

 


では一番上から紹介していきましょう!

一番上にあった小鉢の中身は、京都ではお馴染みの「湯葉」で、ぺらっと薄い湯葉ではなく、お豆腐の様な感じのしっかりと形のある「汲み上げ湯葉」が入った小鉢でした。

 


次に進みますが、2段目にはお刺身の「まぐろといか」乗っており、3段目には、「いくらとエビ」が乗っていました♪

「いくら」は小鉢に沢山入っていて、そのまま食べても良いし、ちらし寿司に乗せて食べてもOKですよ!

 


次の4段目にもお刺身が乗っており、「さわらと鯛」でした。

5段目には「トマトの水煮」と「枝豆」があり、その手前には「さんまのお刺身」が乗っていました!

「トマトの水煮」には和からしが乗っていて、トマトの酸味と和からしの鼻に抜ける辛さがマッチして美味しかったですよ♪

 


次に6段目の紹介ですが、奥に見えるショッキングピンク色した物は「赤かぶの漬物」で、真ん中に見える白い網の様な物は「瓜」です。

一番手前にある半透明な白い食べ物は「貝のお刺身」でした。

最後の7段目には「生姜」と「茄子の漬物」と「わさび」が乗っていました。

 


通常のメインの料理は天ぷらの事が多いそうですが、この日は天ぷらではなく「茄子の揚げ浸し」がメイン料理でした。

私の中で京都の味付けは薄い味付けだと、勝手なイメージを持っていましたが、「路地との本(ろじとのもと)」で頂いた料理は味付けがしっかりと付いており、私的には少し濃いかな?って感じる味付けでしたので、私が勝手に思い描いていた京都の味付けのイメージは間違いだった事が判明しました。

 


「ちらし寿司膳 」で提供されるちらし寿司は、冷たいちらし寿司ではなくて、器が熱々な暖かいちらし寿司が出てきました。

手に持って食べれない程に器が熱々で、人生初の熱々のちらし寿司を食べましたが、上に乗っていた錦糸卵は甘い味がほんのり付いていおり、ご飯の酢飯具合も柔らかく全体的に優しい味付けでした。

 


汁物は「赤出し」で、具はネギのみのシンプルな赤出しでした。

 


最後にデザートに関する事ですが、「ちらし寿司膳 」をオーダーする際に見たメニューにはデザートの記載が無かったので、食後にデザートが出てきた時には少し驚いてしまいました。

私はデザートを注文した記憶が無かったのでお店の人に確認したところ、お店のメニューには記載をしていないけど、ホームページ(https://roji-tonomoto.com/menu/)のメニューにはデザートの事を「水物」として記載をしており、「ちらし寿司膳」のセットに含まれているとの事で安心しました。

今回のデザート(水物)は「マスクメロンの白ワインジュレ」で、甘〜いマスクメロンに少し辛みのある白ワインのジュレが生物を食べた後の口をさっぱりと仕上げてくれて、お刺身を食べた後の絞めにぴったりのデザートでしたよ♪

路地との本へのアクセス

店名 路地との本(ろじとのもと)
住所 京都市東山区宮川町筋松原上ル宮川筋5-325-1
電話 075-525-7557
時間 11:30〜14:30(ランチ)
17:30〜21:00(ディナー)
休み 月曜日
HP https://roji-tonomoto.com/
予約 予約する
アクセス 京阪祇園四条駅から徒歩8分
マップ

これぞThe京都!って言う場所で、京都ランチを楽しみたい人にはオススメのお店で、舞妓さんもよく行くお店との事ですので、運が良ければ舞妓さんに出会えるかもしれませんね。

 

京都観光ガイドブックのおすすめはこちら

「京まっぷず」では、こちらJTBのMOOKから発売されている「京都 完全版」をオススメしています!
本体から取り外せる「京都完全MAP(紙)」と、「京都 完全版(電子書籍)」と「Googleマイマップ(電子)」の3大特典付なので、「京都 完全版」の書籍版を1冊買えば、スマホ、タブレット、PCのマルチデバイスでも見ることが出来きるので便利ですよ♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました