【京都ランチ】ちょこちょこ華やかランチが可愛い!路地との本「ちらし寿司セット」

京都でのランチにオススメするのは、舞妓さんの聖地と言われる祇園の路地に隠れ家の様に佇む、寿司と懐石料理が楽しめる「路地との本(ろじとのもと)」でのランチはいかがでしょうか?

「路地との本」と言えば、某有名京料理店出身の料理長と職人さんが、元はお茶屋だった京町家を生かした風情のある空間で、全国各地の旬な素材を使って丁寧に作られた料理でおもてなしをしてくれます!

スポンサーリンク

路地との本

こちらが「路地との本」の入り口です。

祇園の宮川町のメイン通りから1本東に行った、お茶屋などの昔ながらの京町家がそのまま連なる路地にお店を構えられているので、しっかりとお店の名前を見ながら歩かないと、うっかりと見逃してしまいそうでした。

「路地との本」は、2019年6月1日に「路地中ノ(ろじなかの)」から「路地との本(ろじとのもと)」へと屋号を変更されていますが、以前の「路地中ノ」の屋号では知ってる人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

店内の様子

「路地との本」の店内の様子ですが、1階はカウンター席となっており、ランチタイムでは使われずディナータイムのみとなっており、私はランチを頂きに行ったので、2階へ案内されました。

2階に上がってすぐの部屋には4人掛けの席が3席あり、その奥にも部屋がありましたが、お写真までお願いする勇気がありませんでした〜(汗)

 

スポンサーリンク

ちらし寿司膳(限定15食)

「路地との本」のランチタイムには2種類のランチメニューがあり、一つ目は「寿司ミニ会席 ¥6,000(税抜)」で、数種類の握り寿司と旬の料理が付きます。

二つ目は「ちらし寿司膳 ¥3,000(税抜)」で、ちらし寿司と数種類の旬の料理が付きます。

 

今回「路地との本」に行きたかった理由は、こちらの「ちらし寿司膳」を、京都の観光ガイドブックで見つけたんですが、朱色の階段を模した器の上に盛られた旬の食材を、色々と少しずつ食べられる事に魅力を感じた事だったんです〜♪

 

では一番上から紹介していきますね!

一番上にあった小鉢の中身は、京都でお馴染みの「湯葉」でした。

ぺらっと薄い湯葉ではなく、お豆腐の様な感じのしっかりと形のある湯葉でした。

 

次は2段目の紹介ですが、こちらにはお刺身が乗っており「まぐろといか」でした。

3段目には、「いくらとエビ」が乗っていました♪

「いくら」は小鉢に沢山入っていて、そのまま食べても良いし、ちらし寿司に乗せて食べてもOKですよ!

 

次に4段目にもお刺身でが乗っており、「さわらと鯛」でした。

5段目には「トマトの水煮」と「枝豆」があり、そのの手前には「さんまのお刺身」が乗っていました!

「トマトの水煮」には和からしが乗っていて、トマトの酸味と和からしの鼻に抜ける辛さがマッチして美味しかったですよ♪

 

次に6段目の紹介ですが、奥に見えるショッキングピンク色した食べ物は「赤かぶの漬物」と、真ん中に見える白い網の様な食べ物は「瓜」で、一番手前にある半透明な白い食べ物は「貝のお刺身」でした。

最後7段目は「生姜」と「茄子の漬物」と「わさび」でした。

 

メインの料理は天ぷらの事が多いそうですが、この日のメインは「茄子の揚げ浸し」でした!

私のイメージでは京都の味付けって薄いってイメージがあったんだけど、そのイメージを覆されるほど味付けがしっかりとしてあり、正直言うけど少し濃いかな〜って思った味でした。

 

次にこちらのちらし寿司ですが、冷たいタイプではなく、暖かいちらし寿司となっていまして、器が熱々で出てきました。

手に持って食べれない程に器が熱々で、人生初の暖かいちらし寿司を食べましたが、ほんのり酢の味がして、上に乗っていた錦糸卵もほんのり甘い味が付いていたかな?というほど優しい味付けになっていました。

 

汁物ですが、こちらは「赤出し」で具のないタイプでした。

 

最後にデザートの紹介ですが、メニューにデザートの記載が無かったのに、デザートとして出てきたので少しビックリしました。

「マスクメロンの白ワインジュレ」で、甘〜いマスクメロンに少し辛みのある白ワインのジュレがマッチして、美味しいデザートでしたよ〜♪

 

路地との本へのアクセス

店名 路地との本(ろじとのもと)
住所 京都市東山区宮川町筋松原上ル宮川筋5-325-1
電話番号 075-525-7557
営業時間 11:30〜14:30(ランチ)
17:30〜21:00(ディナー)
休み 月曜日
公式ページ https://roji-tonomoto.com/
アクセス 京阪祇園四条駅から徒歩8分
マップ

これぞThe京都!って言う場所で、京都ランチを楽しみたい人にはオススメのお店ですよ!運が良ければ舞妓さんに出会えるかも!?

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事